京都御池メディカルクリニック[予防医療、検査、がん治療]

TOP > がん治療 > がん光免疫療法

がん治療がん光免疫療法

光や超音波の反応でがん細胞を破壊する。
免疫活性により転移病巣の抑制も

がん光免疫療法(がん超音波免疫療法)について

がん組織に直接レーザー光や超音波をあてて腫瘍を破壊し、その後全身に転移したがん細胞を免疫細胞によって駆除させる、二つの作用をもつ治療法です。

がん光免疫療法の方法

がん光免疫療法では、MLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)※1というレーザー機器や近赤外線(IR)ライトなどを使用します。光の感受性物質(光と反応する物質)を点滴等によりがん細胞に集積させ、そこに特定の波長の光を照射することで、がん細胞の中に活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊します。安全に管理されたレーザー光の照射は痛みも熱さも感じません。
また皮膚の表皮は紫外線から体を守るための防御機能があります。このため、治療に用いるレーザー光に対しても防御能力があり、場所により局所麻酔などののち皮膚を穿刺し、皮下組織や腫瘍の直近まで光を発射部位に誘導し、照射を行います。また、血液中に直接にレーザー光を照射することで、血管内に存在する腫瘍循環細胞(CTC)にも破壊します。

※1 マルチレーザーディバイスシステム(MLDS)とは、静脈内・間質内・関節内・光線力学療法(PDT)のための世界で初めて承認されたシステムです。EU(CEマーキング)やFDAの承認医療機器として認められています。

当院で用いる代表的な光感受性物質

当院のがん光免疫療法おいては、患者さまに合わせていくつかの光感受性物質を使用しております。

①ICG(インドシアニングリーン)

ICG(インドシアニングリーン)は、もともと残存肝機能を調べるための承認検査薬です。肝機能や腎機能の悪い方でも使用で、これをリポソーム封入することで、がん細胞優位に集中するように加工し安全度を高めています。100nm(がん細胞の細胞膜を通過できるが、正常細胞には取り込まれない)程度の大きさにリポソーム化しており、EPR効果※2用いてがん細胞に集積させます。まず、点滴にて投与を行い(およそ40分程度)、翌日、がん細胞に集積した状態で照射を行います。
 ICGは特殊な装置(近赤外線カメラシステム)で、観察が可能です。リポソーム化したICGが本当にがんに集中するかについて、当院での研究を2021年5月に第43回日本癌局所療法研究会にて発表を行っております。乳がんや咽頭がん、腎臓がんなど様々な症例での検討を行いましたが、リポソーム化したICGが、がんに集まる性質が確認され、また最適な照射時間などについても研究を進め、これを当院の光免疫療法の治療照射プロトコールとして採用しております。
第43回日本癌局所療法研究会「ICG 修飾リポソームを用いた光線力学的療法における至適照射時期 - 自験例 4 例の考察 -」。

※2 EPR効果 がんの新生血管は不完全であり、血管内皮細胞の間に200nm程度の隙間が存在します。正常な細胞の周囲の隙間は6~7nm程度であるため、数百nmのナノ粒子は正常な組織には取り込まれず、腫瘍の組織の中に蓄積します。また、腫瘍ではリンパ組織も発達していないために、組織中の異物を排除できず、ナノ粒子は腫瘍組織中に貯留します。このような特性のことをEPR効果といい、抗がん剤のような低分子の薬剤や遺伝子などを、がん細胞に効率的に運ぶDDS(ドラッグデリバリーシステム)として利用されております。

②ALA アミノレブリン酸

ALAは広く自然界に分布し、赤ワインや納豆といった発酵食品や緑黄色野菜に多く含まれる天然のアミノ酸です。植物においては葉緑素の原料として、人体でも細胞内のミトコンドリアの働きに欠かせない物質です。ヘムといわれる赤血球の構成成分のヘモグロビンの原料としても利用される化合物です。
このヘムが合成される過程で生じるPPⅨ(プロトポルフィリン)という物質の光感受性の特徴をがん光免疫療法に応用します。正常な細胞ではPPⅨはすぐにヘムに合成されますが、がん細胞ではPPⅨからヘムを合成する酵素が弱いことが分かっており、がん細胞の中で長くPPⅨの状態で留まることが分かっています。これに特定の波長の光や超音波を当てることで、がん細胞にダメージを与え、最終的に細胞をアポトーシス(細胞の自死)に追い込むことができます。ALAはサプリメントなども存在しますが、治療には高純度の内服カプセルや点滴、皮膚から浸透させるクリームなどを用いて投与し、がん光免疫療法を行います。


③クルクミン

天然成分のポリフェノールの一種で、「うこん」の成分として知られています。食品スパイス(ターメリック)や、鮮やかな黄色をしており天然の着色料としても使用されています。クルクミンは高い抗酸化作用があり、肝機能改善効果、認知症の抑制効果や発がんを抑制効果、がん細胞そのものを死滅させる効果も知られています。
がん光免疫療法では、特定の波長に反応しがん細胞を選択的には死滅させる光感受性物質の一つとして使用します。がん治療においては、クルクミンは吸収の高い内服カプセルを推奨しておりますが、特に光免疫療法に用いる場合は点滴用に調製されたものを用いています。


④レザフィリン等

肺がんや食道がん、脳腫瘍などに対し、手術中などに行われてきた光線力学療法(PDT)において用いられてきた承認医薬品です。使用にあたっては、投与後光線過敏症を起こすことがあり、投与後2週間は直射日光を避けて照度の管理された室内で過ごす必要がある等、治療後の生活制限を伴います。


⑤超音波受性物質

光の特徴として、表皮からの距離が深い場合には届きにくい特徴がありますが、超音波は皮膚から6センチの距離まで進達できます。超音波感受性物質をがん細胞に集中させ、超音波にて光反応を誘発することでがん細胞を破壊します。
超音波にはICGやALAにも反応することが報告されていますが、より超音波への反応性の高い感受性物質を用いて行うことで、本来がん光免疫療法が不得意とする深い場所にある肝臓や肺、腎臓、副腎、リンパ節、前立腺、膀胱、子宮、卵巣、膵臓などのがんに対しても超音波と併用することで治療の適応範囲を広めることができます。


光免疫療法・超音波免疫療法の免疫的な効果

光や超音波により光反応を誘発しがん細胞を破壊した際に、がん細胞の目印(抗原)が細胞外に放出されます。このがん抗原を付近の免疫細胞が認識し、遠隔転移巣にも攻撃を行います(アブスコパル効果)。
がん光免疫療法やがん超音波免疫療法では、がん細胞だけを選択的に破壊する特徴から、破壊したがん細胞の近くの免疫細胞の働きに影響を与えることなく、免疫活性が高い状態で抗原を提示することができます。一度の治療で長期間の効果が期待できるのも特徴です。

がん光免疫療法の適応について

膵臓がん 食道がん 胃がん 肝がん 腎がん 胆道がん 膀胱がん 前立腺がん 甲状腺がん メラノーマ 肺がん 乳がん 子宮体がん 子宮頸がん 卵巣がん 口腔がん 咽頭がん など
※詳しくは医師にお問い合わせください。

こんな方が受けられています

  • 副作用が少ないがん治療をご希望の患者さま
  • 末期がん(ステージⅣ)の患者さま、難治性がんの患者さま
  • 抗がん剤や放射線治療との併用を考えられている患者さま

リスク・副作用

  • 点滴や皮下穿刺などの際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。
  • 天然成分を主に用いていますが、まれにアレルギーなどをおこす場合があります
  • 光や超音波は熱や痛みを伴うようなものではございませんので、ご安心ください。
  • 効果は必ずしも全員に同じように現れるわけではありませんので、他の治療などをお勧めする場合があります。

治療の流れ

STEP-1 カウンセリング 医師が状態を診断し、治療の内容について詳しくご説明いたします。
画像データや採血データなどお持ちでしたらご持参ください。

STEP-2 感作物質の投与 点滴や内服などその方にあった物質を投与します。

STEP-3 光、超音波照射 がんの場所などにより照射方法を計画します。

STEP-4 治療効果の評価 1セット治療の終了後に治療効果を評価します。

承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示

本治療に用いる光感受性物質およびレーザーおよび超音波ディバイスについては、医療機器等法上の承認を得ていないものです(一部承認医薬品の承認外治療を含む)。院内調剤(一部外部 委託)として、適法に調剤しています。 日本では、未承認医薬品を医師の責任において使用することができます。

ほかの国内承認を受けている医薬品等の有無

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。
光線力学療法(Photodynamic Therapy:PDT)として国内にて承認済の医薬品等として以下のものがあります。

  1. ルフィマーナトリウム(商品名:フォトフリン®:ファイザー株式会社)は光感受性物質であり、レーザーディバイス(商品名:エキシマ・ダイレーザー、AG-OPOレーザー)との組み合わせによるPDTは、早期肺がん、早期食道がん、胃がん、早期子宮頚がんに対して、1994年に保険承認されています。
  2. ラポルフィンナトリウム(商品名レザフィリン®:Meiji Seikaファルマ株式会社)は光感受性物質であり、レーザーディバイス(商品名:PDレーザ)との組み合わせによるPDTは、早期肺癌、原発性悪性脳腫瘍、化学放射線療法又は放射線療法後の局所遺残再発食道癌に対して、2003年に保険承認されています。
  3. セツキシマブサロタロカンナトリウム(商品名:アキャルックス®:楽天メディカルジャパン株式会社)は、レーザーディバイス(商品名:BioBlade®レーザシステム)との組み合わせによるPDTは、切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌に対して、2020年に条件付早期承認されています。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

Photodynamic therapy in cancer treatment - an update review
Ancély Ferreira dos Santos, Daria Raquel Queiroz de Almeida, Leticia Ferreira Terra, Maurício S. Baptista, Leticia Labriola/dos Santos et al. J Cancer Metastasis Treat 2019;5:25

Photodynamic therapy for cancer: role of natural products
Behzad Mansoori, Ali Mohammad, Mohammad Amin Doustvandi, Fatemeh Mohammadnejad, Farzin Kamari, Morten F. Gjerstorff, Behzad Baradaran, and Michael R. Hamblin  Photodiagnosis Photodyn Ther. 2019 June ; 26: 395–404. doi:10.1016/j.pdpdt.2019.04.033.

Photodynamic therapy of cancer : an update
Patrizia Agostinis, Kristian Berg, Keith A. Cengel, Thomas H. Foster, Albert W. Girotti,Sandra O. Gollnick, Stephen M. Hahn, Michael R. Hamblin, Asta Juzeniene, DavidKessel, Mladen Korbelik, Johan Moan, Pawel Mroz, Dominika Nowis, JacquesPiette, Brian C. Wilson, and Jakub Golab/ CA Cancer J Clin. 2011 ; 61(4): 250–281. doi:10.3322/caac.20114.

Photodynamic therapy and photothermal therapy for the treatment of peritoneal metastasis:a systematic revie
Amandine Pinto and Marc Pocard/ Pleura and Peritoneum 2018; 20180124

Clinical potential of photodynamic diagnosis and therapy of tracheobronchial malignancies in the visible and infrared spectral ranges
Garry Papayan, Sergey Goncharov, Nikita Kazakov, Andrey Strui, Andrey Akopov/ Translational Biophotonics. 2020;2:e201900019.

The potential of photodynamic therapy in current breast cancer treatment methodologies
Elzbieta ˙ Ostanska, David Aebisher, Dorota Bartusik-Aebisher/ Biomedicine & Pharmacotherapy

Volume 137, May 2021, 111302

※当院で使用するレーザーディバイス(MLDS)
ヨーロッパ:CEマーキング、カナダ:Health Canada(カナダFDA)アメリカ:US-FDA (外部レーザー治療、静脈内は適応外使⽤)等の国々で承認済医療機器です。日本国内未承認。

TOP