京都御池メディカルクリニック[予防医療、検査、がん治療]

TOP > 予防治療 > 脂肪幹細胞培養上清点滴

予防治療脂肪幹細胞培養上清点滴

幹細胞培養上清とは?

体の中の組織(脂肪、骨髄、歯髄など)にはいろんな能力を発揮できる細胞があります。その中には、間葉系という神経や血管などに分化する能力を持った細胞があり、これを「幹細胞」と言います。幹細胞とは組織が傷ついた時に修復し、元に戻してくれる役割を果たします。例えば、擦りむいた時、幹細胞に指令が送られ、幹細胞が傷ついた場所に集まり様々な分泌物(活性化・成長・増殖するために「サイトカイン」と呼ばれる様々な種類の生理活性タンパク質など)を放出することで傷口の修復をします。
脂肪幹細胞培養上清とは、脂肪から間葉系幹細胞を取り出して培養する際に分泌したタンパク質成分のことで、効果も幹細胞を投与する場合と同等の効果が期待できることが分かってきました。最新の研究では、幹細胞から分泌される500種類以上もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が含まれ、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促すなどの効果が期待できることが分かってきています。

脂肪幹細胞培養上清に含まれる成長因子と期待できる効果

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)
  • 新しい細胞を生産することでシワ防止。
BFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)
  • 血管内皮細胞内の増殖と血管新生を促進。
  • コラーゲンを分泌する線維芽細胞の増殖を促進。
  • 組織の修復作用。
EGF(上皮細胞成長因子)
  • 新しい皮膚細胞形成によりシワ改善に期待。
  • 新しい皮膚細胞を産生し、傷口の回復を促進。
PDGF(血小板由来成長因子)
  • 損傷を受けた皮膚細胞の再生を促進。
  • コラーゲンを分泌する線維芽細胞の増殖を促進。
IGF-1(インスリン様成長因子)
  • 新しい皮膚細胞形成によりシワ改善に期待。
  • コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの産生
医療機関ならではの品質と安全性

幹細胞培養上清は化粧品などに広く利用され、主に海外から輸入されてきています。規格値が定められていても、輸送・管理方法によっては使用時には活性が落ちてしまうことが多々あります。
当院では、日本の研究機関でグロースファクター活性値を保証したものだけを使用します。安全性についても42種類のドナー適合性試験やウィルス試験を経て、GMP/GLP基準で生産されたものを利用しています。

適応する症状の種類

糖尿病、慢性の肝疾患および腎疾患、脂質異常症、心臓病、慢性疼痛症候群、アレルギー/湿疹、スポーツにおける能力向上、多発神経障害、線維筋痛、リウマチ、高血圧、耳鳴り、黄斑変性、CFS(慢性疲労症候群)、偏頭痛、めまい、うつ病、皮膚の活性化

TOP